地球温暖化防止に出てくる主な用語

二酸化炭素CO2

物を燃やしたり、生き物が呼吸したりするときにでる気体。
増えすぎると地球の気温を上げるはたらきをする。植物は二酸化炭素をとり入れて生活している。

一酸化二窒素(亜酸化窒素2

常温常圧では無色の気体。麻酔作用があり、笑気ガスとも呼ばれる。二酸化炭素、メタン、
クロロフルオロカーボン(CFC)などとともに代表的な温室効果ガスの一つ、温室効果の強さは
二酸化炭素を1とすると、一酸化二窒素では約100倍になると言われている。物の燃焼

窒素肥料
の施肥(せひ)などが発生原因であるといわれている。

メタンCH4

石油、石炭、天然ガスなどの発掘場、牛や羊のゲップや水田や沼などから発生するガス。
増えすぎると地球の気温を上げるはたらきをする。


フロン

1928年にアメリカで開発されたガス。冷蔵庫などで物を冷やすときに利用したり、精密な機械を
あらったり、スプレーなどにも使われていた。現在では作ってはいけないことになっている。


温室効果ガス

地球にあたった太陽の熱をとじこめて、気温を高くするはたらきのある気体。二酸化炭素
メタン、亜酸化窒素
、フロン類など。


京都議定書


1997年に京都で開催された地球温暖化を防止するための会議で決まった温室効果ガスを
減らすための約束ごと。先進国全体で2008年から2012年までに温室効果ガスの排出量
5.2%削減(さくげん)することが約束された。

環境ホルモン

人間が作りだした化学物質のうち、人や動物の体の中に入ると、体を調節したり、子どもを作る
ために必要なホルモンのはたらきをみだしてしまうもの。


ダイオキシン

物が燃えるときに出る化学物質で、人の体にがんや奇形をひきおこすと考えられているもの。
いろいろな毒性をもつたくさんの種類がある。

●オゾン層の説明

オゾン層は地球を取り囲んで、太陽光に含まれている有害な紫外線を吸収し、わずかな量しか
地上に届かないような役割をしている。このオゾン層があることによって、生き物は守られている。

紫外線
太陽の光には、目に見える光と見えない光がある。目に見えない光のうち波長の短い光を紫外線、
また長い光を赤外線とよぶ。


●ゴミ
 ある人が、もういらなくなったと思って捨てたもの。しかし、別の人がそれを必要だと思えば
、同じものでもそれはゴミではなくなる。

●リサイクル
 一度使ったりして、いらなくなったた物を、加工したり、いろいろな処理を加えて、
 もう一度役に立てること。

●循環型社会
 ゴミなどをなるべく出さないようにするとともに、出たゴミなどをリサイクルしてもう
 一度有効に利用し、できるだけ環境に負担がかからないような仕組みをもった社会のこと。

●廃棄物の処理
 廃棄物とは、いらなくなって捨てられた物のこと。家で出るゴミだけではなく、工場や会社などから
 出るゴミ(産業廃棄物)も含まれる。できるだけ廃棄物をリサイクルすることが大切。

●生活排水
  料理や洗い物、洗濯、おふろなど、ふつうの家庭で使われ、流される水のこと。窒素などが多くふ
 くまれていて、川や湖が汚れる富栄養化の原因なっている。  
 

地球温暖化・用語 その1
◆表紙へ戻る
◆総合案内所
温暖化・用語集 その2
文字がニ重に見える場合は、表示→文字サイズ→小 又は最小
 で御覧下さい。
◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る
◆玄関へ戻る