酸性雨に対して研究所では

酸性雨の発生源や影響を調べる研究所の取り組み
  • 大気汚染物質がどのように日本に流れてきて、酸性雨を降らせるのか。日本とアジア大陸間の海洋上空の観測に加え、世界初の試みとして、中国国内の大気汚染物質を日中共同で航空機を使って観測しました。
    わかったよ!
    中国国内の大気汚染の状況と、そこから海をわたって長い距離を運ばれる間の汚染物質の移り変わりが明らかになりました。この観測によって、中国においては、工場が出す排煙をおさえた(発生源対策)効果として、二酸化イオウが減少したものの、自動車が増加したため、チッ素酸化物は増加していることが確認されました。これが増えると、風下で光化学スモッグがひどくなる恐れがあります。また、大気中の細かな粒子による汚染も激しいことがわかりました。
実験に使用した航空機
日中共同の大気汚染観測実験に使用した航空機
  • さらにモデルによるシミュレーションを用い、中国などから運ばれるイオウ酸化物などの大気汚染物質酸性雨の原因になる)の量を推定しました。
    わかったよ!
    調査の結果、日本に降っているイオウ酸化物の発生源は、季節によっておもに次のように変わることがわかりました。
    ●春ごろ=中国の大都市などから排出されたものが大量に運ばれてくる。
    ●夏(梅雨をふくむ)=国内、とくに九州の火山から発生したものが運ばれてくる。
    ●冬=中国側からの北西風が強くなることで、春と同じように中国から多く運ばれてくる。

  • 年間を通して見ると日本に降ってくイオウ酸化物の発生源は、年平均で49%が中国起源であり、続いて自国の工場など(20%)、九州の火山など(13%)、朝鮮半島(12%)であると推定しました。
◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る