フロンはどうやってオゾン層を壊すのか?

フロンは、人間が作り出した物質です。冷蔵庫やカーエアコンなどで、空気を冷やすときに使われ
たり、化粧品や殺虫剤などのスプレーで、液体を霧にしてふんしゃするときなどに利用されたりし
ていました。ふつうは気体または液体です。  ところがフロンは、地球の生き物にとって大切なオ
ゾン層をこわす大変困った物質であることがわかったのです。そのしくみはこうです。  

フロンが空気中に流れ出すと、数年後には、そのまま大気中を昇って成層圏にあるオゾン層にた
どりつきます。すると、太陽からの紫外線がフロンにあたり、フロンにふくまれる塩素原子が切りは
なされます。この塩素原子がオゾンを作っている酸素原子とくっついて、オゾンをこわしてしまうの
です。酸素原子とくっついていた塩素原子は、また紫外線によって切りはなされて、別 のオゾンを
こわします。こうして、つぎつぎにオゾンがこわれ、オゾン層が薄くなっていくのです。


オゾンホール画像


   大きくなってきた南極のオゾンホール(白から灰色の部分)。
      灰色がこくなるほどオゾン層の濃度が低い。


オゾン層の破壊は止められるのか?

1989年から世界の国々が約束したモントリオール議定書により、オゾン層を破壊するフロン類
を作らない・使用しないなど、オゾン層を守るための取り組みが行われてきました。  

そして成層圏中の塩素原子は、20世紀末に最大になった後は緩やかに減少し、その結果、オゾ
ン層は約半世紀かけて回復すると考えられています。  

しかしながら、安心はできません。それはまだオゾン層の回復を完全に確認するには至っていな
いからです。オゾン層の破壊の拡大は止まったのか、オゾン層は将来どうなるのか、オゾン層の
破壊が人の健康や生態系にどんな影響をおよぼすのか、オゾン層を確実に回復させるにはいか
なる取り組みを行えばよいのかといった問題を解決するために、これからもオゾン層の観測や研
究を続けていく必要があります。

 また、オゾン層破壊物質であるフロンは、現在は生産が全廃されていますが、過去に作られた
業務用冷凍・空調機器や冷蔵庫、エアコン、カーエアコン等にはフロンが入ったままです。  

したがって、今後は、古くて使えなくなった車や機器に入っているフロンを大気中に放出させず、
確実に回収し破壊することが大きな課題となっています。

日本では、フロンを大気中にみだりに放出することを禁止するとともに、フロンが入った機器の廃
棄処分の時にきちんと回収することやフロンの破壊処理を行うことを義務づけた法律(家電リサイ
クル法・フロン回収破壊法)が作られています。  

また、「オゾン層保護のためのウィーン条約」や「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール
議定書」を国内で適切に施行することを目的として「オゾン層保護法」が1988年に制定(環境省)
されています。

◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る