熱帯林の経年変化や生物への影響を調べる研究所の取り組み
  • 森林総合 研究所、国立民族学博物館 、京都大学、岐阜大学、自然環境研究センター、マレーシア森林研究所、マレーシア工科大学などと、熱帯林の経年変化(年ごとにどう変化するかに関する共同研究を行っています。
    わかったよ!
    1)マレーシア・パソ保護林および周辺域の土地では、1970〜1990年代にかけて天然林 (てんねんりん)などの面積は激減し、その一方でアブラヤシやゴムの木を植えたプランテーションが急激に増えています。森林減少の直接の原因は、こうしたプランテーション開発であるといわれています。一方で、木材生産のための森林伐採ではお金になる木だけを選んで抜き切りし、伐採後も森を残すため森林面積が減少することはありません。ただし、大きな木がなくなるために、森の形(構造)が元の原生林から大きく変わってしまいます。これを森林の劣化と呼んでいます。
    パソ保護林および周辺域の土地利用変化

    2)マレーシアの熱帯雨林で1950年代に択伐を受けた二次林と過去に伐採を受けていない天然林の林冠高(森林の高さ)を比較したところ平均値では明らかな差はないものの、二次林では高さがそろっているのに対し、天然林は低い木から50mの高い木と不ぞろいであり、森林の構造が、大きく違うことがわかりました。 画像(クリックすると拡大画面が開きます)
    マレーシア・パソ保護林に観測タワーを設置し、熱帯雨林の自然の営みを観測する

    3)択伐により、こうした森林の構造がくずれると、林冠部(森林の上のほう)や老齢木をすみかとする中小型ほ乳類(リスなど)、キツツキなどの鳥類、昆虫やキノコなど、森林の生物の種類や、種の多様性に違いが出ることがわかりました。

熱帯林の減少

◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る