湖沼や海を調査する研究所

  • 湖沼では、どんな有機物が分解されにくいのか、どうしてそのような有機物ができるのかを研究しています。また、発がん物質であるトリハロメタンができる量や、プランクトンの量や種類がどう変化するのかを研究しています。
  • ため池周辺に生息するトンボの数、種類などを調べ、生物の多様性を守るために、ため池周辺の土地利用や水辺の植物がどのような役割を持っているかを解明するための研究を行っています。

  • 海の状態をモニタリングするために瀬戸内海を運航するフェリーに観測装置を取りつけ、植物プランクトンの量や水温、塩分などの計測を行っています。また、計測されたデータを衛星電話回線で受信して、つねに監視できるような技術を開発しています。
民間の船(フェリー)
民間の船(フェリー)を利用して海の観測をしています。

  • 有害化学物質による地球規模(きぼ)の海洋汚染の状況を調べるため、海運会社などに協力してもらい、日本−ペルシャ湾間、日本−オーストラリア東岸間の太平洋における観測を実施し、効率的で信頼性の高い海洋観測手法の開発と収集したデータを解析する研究を行っています。
    わかったよ!
    観測の結果、日本−ペルシャ湾間および太平洋の広範な海域において、β-HCHなど(農薬成分:日本では1971年に販売禁止)が検出されました。β-HCHの日本−オーストラリア間の分布は、日本(大陸)から遠ざかるにつれ、濃度がしだいに低くなる特徴的な傾向が見られました。

  • 太平洋の南側では、地球温暖化が原因と考えられている水温上昇によってサンゴが死んでしまう白化現象が起こっています。 人工衛星や航空機のデータを使い、サンゴの白化現象がある場所を探したり、サンゴ礁の健康状態を監視したりしています。
サンゴ礁(正常)
サンゴ礁(正常)
サンゴ礁(白化)
サンゴ礁(白化)
撮影:安元三教
◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る