自動車の排出ガスは
人の健康にどのような影響があるのでしょうか?

映像を見る=環境教育資料シリーズ「大気汚染」より(33秒)
   環境教育資料シリーズ「大気汚染」より(33秒)

大気のよごれは人の健康に大きな影響をおよぼします。

たくさんの自動車が行き来する大都市では、これらの車、とくにディーゼル車が出す黒煙(DEP)にふくまれるとても小さな粒子が、肺や気管などの病気を引き起こしている可能性があります。

またこの排出ガスは、地球温暖化やオゾン層破壊、酸性雨問題にも影響をあたえるといわれています。

何故、都会の空気は汚れているの?

1960〜1980年ごろの日本の工場地帯の空気は
、とても汚れていました。工場の煙突から出る煙や、
自動車の排気ガスで、青い空が見えないほどでした。
そのため、ぜんそくや気管支炎に苦しむ人もたくさ
んいました。  

その後、工場から出る煙や自動車の排気ガスは、
規制され、工場地帯の空気は、少しずつきれいに
なってきました。  

ところが、こんどは自動車がとても増えたため、
自動車の多い大都会では、空気がなかなかきれい
にならなくなってきたのです。

とくに、ディーゼル車は、ガソリン車にくらべて排気
ガスをきれいにすることがむずかしいため、これま
で空気の汚れの大きな原因となってきました。  

このような人間の活動による空気の汚れを大気汚
染と呼んでいます。大気汚染を引きお起こす物質
には、おもに、チッ素酸化物やイオウ酸化物、
一酸化炭素などがあります。


チッ素酸化物・イオウ酸化物、とは?

大都市や工業地域などの空気の汚れの原因となっ
ているのが、チッ素酸化物やイオウ酸化物です。

 チッ素酸化物とは、石油などが高い温度で燃え
たときに、空気中のチッ素(N)が酸素(O)と結び
ついてできる物質です。NOx(エヌオーエックス)
とも書かれ、一酸化チッ素や二酸化チッ素などが
あります。

大都市では、空気中のチッ素酸化物の約半分は
自動車から出ているといわれています。  

イオウ酸化物は、石油や石炭が燃えたときに、
イオウ(S)が酸素(O)と結びついてできる物質です。
こちらはSOx(エスオーエックス)とも書かれます。  
チッ素酸化物やイオウ酸化物は、人間の気管支
やのどをいためる有害物質です。

これらの物質は、風にのって空気中をただよい、
また、雨にとけこんで酸性雨となって地上に降りそ
そぐので、地球全体の環境問題になっています。

ちっ素酸化物(NOx)や
イオウ酸化物(SOx)が、
空気の汚れのおもな原因だ

フロンやどうやってオゾン層
を壊すのか?へ行く

自動車による大気汚染へ行く
◆:試してみました
◆:いいもの総合
◆:いいもの実用品
◆:いいもの学習
◆:いいもの趣味
◆:楽しい商品
◆館長の部屋
◆映像資料館
◆総合案内所
◆環境問題の新聞記事
◆:リフォーム専門館
◆:便利な専門店の館
◆:温暖化ガスとは
◆地球の温暖化
◆6つの大切な問題
◆本・CD・DVD・ゲーム
◆御参加企業様
◆エコドライブの薦め
◆展示品 そのーT
◆展示品 そのーU
◆シックハウス対策に
◆排気ガス削減装置
◆magmagのバックNo
◆館長の推奨品
◆入館証申請へ
◆賞金が当たるゲーム館へ
◆Combz Mail バックNo
◆気になる展示品の部屋
◆表紙へ戻る
◆玄関へ戻る